脱毛をしても化粧が残念だと・・・

化粧でびっくりするほど美しく化ける人、なんだか昔風の残念な仕上がり具合の人、いろいろな人がいますが、世の多くの成人女性は外出時は化粧をしています。どうせするならきれいになりたいものですが、化粧は絵を描くのが下手な人はダメな場合が多いと感じています。私がその絵の下手な人なのですが、シェイディングというものが全くできません。陰影とか遠近感とかを紙の上で表現できないのと同様に、顔面でも表現できないわけです。努力して、眉は自然にかけるようになったと自分では思っていますが、たぶんシェイディングは永遠に無理です。センスのある人がとても羨ましいです。

 

40代のキャリアある女性。
のイメージで日々生活したいんですけど、実際は、二人の子持ち専業主婦です。
本当は、パリッとスーツでも着こなしていたいんですけど、そういう機会もなく、普段は、サルエル調のデニムで過ごしております。ダンスをしているため、サルエルパンツが、大好きでよく履きますが、足が短いだの、だらしがなく見えるだの娘は嫌がっております。
自分で言うのも、恐縮ですが、年齢よりは若く見えるらしいです。有りがたいことに。
これもダンスのおかげでしょう!
そんな私も化粧は、若々しく有りたいと多少は思うので、若々しく化粧をしたいんです。でも、あんまり若すぎると、かえって、若々しいでは無く、たんなる若作りになってしまうんです。チークの位置や色の濃さ等、本当に難しい。昔、おばちゃんを、見て、けばけばしいし、怖い位の、若作りが、恐ろしい程全面に出てて、こんなんになりたくない!と、思ってた私が、そんな若作りになるのはイヤダ!やはり、ナチュラルに若々しくなりたい。
前回の買ったBBクリームは、思った以上に、白っぽく、娘に散々白いと、言われたんですが、セコい私としては、使い切りました。これは、かなりオバハン現象の証でも有りますが、無駄にはできません。

 

主婦ですから!

 

そこで今度は、色に注意しつつ、店頭で試し塗りを沢山して、もちろん値段とも駆け引きしながら決定。大袈裟かも知れませんが、主婦にとっては、気に食わ無くとも使い切りが原則なので、本当に慎重なのです。ケチでは無く、的確な商品を、厳選すると認識していただけると幸いです。
しばらくして、新しくBBクリームデビュー当日、といいましても、時間をかけて化粧する程、時間も無いので、ちゃちゃっと塗ります。
う〜ん、なかなか良いでは、有りませんか。伸びといい、私の肌の状態が良いのか?いやいや、残念ながら違います。クリームの伸びが良いため、つきすぎず、薄塗りに。
これなら、娘も白いとは言わないはず!やはり、私の厳選がよかったのでしょう。これなら、若作りではなく、若々しく見えるのでは?と期待出来るかも。

 

何となく、気がつきました。

 

結局は、化粧方法等ではなく、私の、この性格がおばちゃん現象の証で有り、若々しく見えず、若作りに近づいている原因なのかも知れないことに…